9月ライントレードとその種類

【今回解説するライントレード】

①トレンドライン
②水平線
③ネックライン

👉ライントレードとは?
サポート、レジスタンスについてもこちら


✔️トレンドライン

トレンドラインとは、まさに読んで字のごとく
トレンドがあるラインです。笑

もう少し要約すると、「流行りのライン、意識されているライン」のことで、水平線とは違います
水平線はそのまま、真横に引いたラインのことですが、斜めに引けるこのようなラインのことをトレンドラインと呼びます。

これを「サポートライン」と呼ぶ人もいますし、
「トレンドライン」と呼ぶ人もいます。どちらも合っています。

つまり、このラインを見てもわかるように、トレンドがでていますよね?
みんな意識して価格が跳ね返っています。
それはつまり、「トレンド」なのです。そういうことです。笑

✔️水平線

水平線とは、これも読んで字のごとく、
水平に引かれたラインのことをいいます。

水平線は数あるテクニカル分析の中で最もシンプルですが、正しい引き方をすることによって驚くほど相場を予想でき、大きく稼ぐことが出来ます。

私も水平線は必ず引いていますし、知り合いの億トレーダーの中にも、水平線だけしか使っていない人もいるくらいです

シンプルかつ最強な武器である水平線を使いこなせれば、FXの勝率は一気にアップします。

なので、水平ではない斜めに引くラインをトレンドライン、水平に引くラインを水平線と
覚えるといいでしょう👏

価格の上であっても、下であっても、水平線は引くことができます。


✔️ネックライン

ネックラインはその名の通り、「ネック(物事の障害・首)」となる「ライン(線)」のことです。

このチャート画像のように、意識されているライン上に三尊などができると
ネックラインが見えてきます👀🔍

つまり、トレンド転換地ということです。

この場合、3つの矢印で意識され価格を支えていましたが、
ついにはそのネックラインを割り込んで下落していってしまいました。

もしロング(買い)を持っていた場合でも、
このようにネックラインを引けることによって、
損切りする場所というのを明確にすることができますし、
ノーポジションであれば、そのネックラインの転換地まで価格が戻ってきた場合に、
順張りのロールリバーサルで利益を得ることもできるでしょう。

👉ロールリバーサルとは?


まとめ

このように、様々なラインを引けるようになることで、
どこまで上がるのか、下がるのかを容易に想定することができ
またそれは損失を最小限に抑え方法でもあるのです。
これまでも基礎知識編でたくさんのトレード方法を紹介してきていますので、
是非他の記事もチェックしてみてくださいね😉✨

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/