暴騰が止まらないBTC【史上最高値また更新か】

:この記事は2021年3月9日に作成されたものです

現在のビットコインは

こちらBTC日足チャートになりますが、現在は54000ドルを推移。
史上最高値の58000ドルまで僅か4000ドルというところまで差し迫ってきています😮


アメリカ追加経済対策

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた家計を支援するために、
アメリカで一人あたり約15万円の現金が給付されるそうです😮

バイデン大統領は「この法案は新型コロナ克服への道を開く。最も支援を必要としている家庭を助け、一息つく余裕をもたらすだろう」と発表。

追加経済対策の資金は約1兆9000億ドル、約200兆円の巨額の財政出動となります。

一人あたり最大1400ドル、約15万円の現金給付を柱に、
失業保険の延長や学校の再開を支援するとのこと。

これらの影響を受けてか、仮想通貨はこの1週間で大きく値上がりが続きました📈

コインマーケットキャップによると、TOP5の仮想通貨の中でも主要コインでもあるBTCとETHが大きく上昇、中でもETH(イーサリアム)は週率18%もの上昇を記録しています。

また、中国テック企業”Meitu”が、香港証券取引所上場の中国企業では初となるビットコイン・イーサリアムの購入を発表しました。

同社は約379BTCと15,000ETHを購入し、その目的として『成長性への投資』や『リスクヘッジ』などを挙げています。

マイクロストラテジー社やテスラ社など、名だたる世界企業の多くが次々とビットコインなどの仮想通貨投資を積極的に進めてきている中、インフレヘッジの1つの手段として、未だ保有していない世界企業が続々と後を追うように参入してきています😳

アメリカの追加経済対策の後押しもあり、先週まで「調整」を狙っていた金ちゃんですが、ここで再度、更に史上最高値を更新し続伸していく可能性を視野に入れた立ち回りをしていく方向に舵を切りました。

過去10年間で上昇できた3月は僅か2回

3月は決算期ともあり、多くの企業が調整を図る時期でもあり、
BTCなどに巨額の投資をためらう月でもあります。

一方で、4月は10年間のうち8回上昇しています。
3月の調整や下落で大きく買い込みが入り、4月にプラス収支を出す傾向にありました。

しかし2021年の今年3月現在は、ビットコインに調整する気配がなく、
現在も大きく上昇、史上最高値更新待ったなしの展開が続いています😮

コロナ禍による経済崩壊で、どこまでビットコインの価格は上げるのでしょうか。

史上最高値の58000ドルを超えると、再度真空地帯となり、更に急上昇し、
4月には10万ドルを目指していく可能性もあるかもしれません👏

経済情勢が不安定な今、暗号資産という投資を視野に入れて、
運用を始めることも、未来を守る1つの手段となりそうです💴

金ちゃんのTwitterやYoutubeではそんなビットコインの値動きをリアルタイムで発信しています、是非フォローしてみてください😉

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/