勝てるトレード術/水平線とロールリバーサル

水平線とは

水平線とは、テクニカル手法の中でも最もポピュラーな
ライントレードの一種になります。
読んで字のごとく、真横に直線に引くラインのことから、水平線と呼ばれています。

水平線については詳しくこちらのページで紹介していますので
まだ良くわからないよ~って方はこちらのページを見てみてね😉

👉水平線とは?


水平線を使ってビットコイントレードをする

こちらbybit1時間足のチャートになりますが、ピンクの水平線を下から
上にローソク足の実体で上抜けた後、
もう1度その水平線ラインまで戻ってきてくれてますよね。
これを抜けた方向にポジションを持つことをロールリバーサルと言います。

ちょっと画像を拡大してみましょう👀🔍

分かりますでしょうか?
しっかりとラインを強い足で突破したあと、
抜けた水平線で反発していることが分かります。




初心者はシグナルツールやインジケーターに頼りがち

多くのトレーダーが基本とするローソク足とライントレードを
身につける必要があります。

それはなぜか、、

大衆のトレーダーがこのローソク足と
ライントレードを使ってトレードをしているからです。

そしてインジケーターやシグナルツールは「過去を分析し統計をとったもの」であり、
リアルタイムのその場で参加しているトレーダーの意図は組み込まれていないからです。

つまり時差があるということ。

ローソク足はその相場に参加している【今現在のトレーダーの心理】が表されたものです。

そしてそのローソク足の動きをラインを引くことで
どこまで上がるのか」「どこまで下がるのか」を容易に分析することができるのです。


インジケーターやシグナルツールはあくまでも指標として使い、
基本のこの2つの手法さえ身につけていれば、
ビットコインの動きに合わせて利益を追うことも難しくはありません。

水平線をどこに引いたらいいのか?
難しくてわからない、、と思うかもしれませんが、

初心者のあなたでも引けるラインにプロのトレーダーも引いている
ことを理解してください。

なぜなら、その相場に参加している半分以上が
「初心者トレーダー」なのです。

つまり、「初心者でも引けるくらい簡単なところ」のラインが、
相場を動かしていきます。

なので、「ここでいいのかな?どうなのかな?」と不安になるかもしれません。

何度も意識されて跳ね返されているライン」というのを見つけてください。
そんなに難しいことではないことはもう分かったと思います。

慣れないうちは実弾でトレードをしなくても、
ラインを引く練習をしてみてください。

どうやってラインを引いたらいいか分からないなど、
トレードする上での疑問などは金ちゃんのツイッターに
コメントくだされば、答えられる範囲で対応していくので
気軽に相談してね😉✨

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/