ビットコイン4年に1度の【半減期】

近頃、各種メディアで、半減期という言葉が連発されていますね👀
なぜここまで話題になっているかというと、2020年5月にBitcoinが半減期を迎えるためです👏

そもそも半減期ってなに???
という方もいるでしょう。
今回はその半減期を分かりやすく解説しますよ❗️😉

ビットコイン4年に1度の半減期

半減期とは

半減期とは、仮想通貨のマイニングを行ったときに
発生するブロック報酬が半分になるタイミング
(時期)のことを指します☝️
ビットコインを例に、仕組みを見てみましょう。
ビットコインは取引のデータ(トランザクション)
をブロックチェーンに記録し、不正なく改ざんでき
ないようにするために記録係が必要となります👀

銀行を利用した取引ならば、銀行の機械で記帳したりデータの管理を行ってくれたりしますが、仮想通貨は銀行のように特定の誰かが管理をするわけではありません😯

そこでビットコインの取引が行われた際にブロックチェーンへデータを繋いでいくマイナーという人がいます🔨

ビットコインをマイニングするマイナーたちの例え画像

マイナーは、自身のコンピューターを使って膨大な量のデータを計算し、データのかたまりであるブロックをつなぐ作業を行っていきます。これがマイニングという作業ですね🤔

計算の結果、無事にブロックをつなぐことができるデータがあらわれれば、その人が記録係としての役目を果たした…ということになります👍

複数のマイナーが競って計算を行うことで、ビットコインは素早く・不正なく取引を終えることができるのです‼️🙌

そのため、ビットコインのネットワークを健全に保ち、取引を行うための貢献をしてくれた!ということで、マイナーに対してブロック報酬というかたちでお礼が行われます💰✨

ブロック報酬として贈られるのは、ネットワークで新規発行されたビットコイン。ビットコインは発行できる上限枚数が決まっていて、その枚数は2,100万枚。2019年11月1日時点では、すでに1,800万枚が発行されており、今後新規発行される枚数は300万枚を切っていることがわかります。

今後、マイニングによって新規発行されるビットコインは約300万枚を切っているということは、ずっと同じペースで発行されているとすぐに上限枚数へ到達してしまいます。すると市場に出回るビットコインの数が多くなり価格と需要とのバランスが崩れてしまいかねません🤔

これを防ぐために行われるのが、半減期という措置です。半減期は、ビットコインのマイニングでもらえるマイニング報酬を半分にする、つまりマイナーがもらえるビットコインの枚数を半分にするということです。ビットコインがマイニングによって新規発行される枚数を、少しずつ抑えていこうという試みが半減期なのですね👏

さて、なぜ、上限発行枚数や半減期を設けるのかといえば、インフレーションのコントロールのため。無尽蔵に貨幣を発行すれば、かつての軍票や現在のベネズエラのように貨幣の価値は暴落し、ハイパーインフレーションを招来することになります😦

そこで、ビットコインは上限発行枚数を2100万枚と定めることによって、これを回避しようとしました。法定通貨は中央政府が流通量をコントロールできるが、ビットコインは中央政府が発行するわけではない以上、コードによって発行上限枚数を定める必要があるのです👋

ビットコインの電子採掘場では、掘り当てたときの採掘量を半減期というやり方でコントロールして、ビットコインという貨幣そのものの希少性を保つことにしたのです🙌