ビットコイン止まらない暴騰【最高値更新はいつ⁉️】

2020年2月19日

みなさんこんにちは!金ちゃんです🙌✨
日々仮想通貨の暴騰が止まりません。
ビットコインのチャートを見る限り、
大底を打った可能性が高く、
最高値を更新するナスダックのバブルチャートと
比較すると最高値更新への道を歩むように見受けられます❗️

ビットコインが最高値を更新するのはいつなのか⁉️
みなさんが気になる真相に迫ってまいりたいと思います😉👏

ビットコインは最高値を更新するのか

ビットコインは2017年に約24倍もの高騰をし、
世界のあの1600年に起こったチューリップバブルを
抜いて世界1のバブルとしてその名を世に知らしめました。

👉:チューリップバブルとは

240万の最高値をつけた後、バブル崩壊をし
2018年12月に安値の35万円(3200USD)をつけ、
現在はその安値から3倍の100万円台(10000USD)を推移しています😉

ビットコインは世界の金融システムを変える革命としてブロックチェーンを用いたプラットフォームで構築されています。

従来の通貨の常識を覆して、
人々の生活に浸透する「通貨」として
利用されていくのかが焦点となっています。

そんなビットコインのバブルチャートですが、
よくゴールドやナスダックなどのバブルチャートと比較されます。
ナスダックの最高値を更新し続ける
バブルチャートはこちら↓↓

ナスダックは2000年に最高値をつけた後、
月足レベルではほぼ調整や押し目なく永遠更新し続けています😂

✔︎最高値を更新するには

ナスダックのチャートのように、
最高値を更新するには1度大きく下げた底と2番底で
大きく反発できるかどうかが見極めるポイントになります。

もちろん需要がなければそのまま価格も下がってしまうのですが、ビットコインは2019年底値から大きく反発して押し目を作りながらも上昇トレンドを形成しています👏

底値で2回反発できればダブルボトムになりますし、
長期足で逆三尊を形成できれば強い上昇トレンド
を作ることもできます🗣

✔︎半減期は大きな好材料

前回のブログでもお伝えした通り、
ビットコインの半減期は2020年5月に行われます。

👉:ビットコイン4年に1度の【半減期】

半減期があることによって手に入りづらくなる
ビットコインを今のうちに買っておこうと、
投資家心理が働き、上昇に繋がる可能性が高いです。

希少価値があるものに関して、人の心理は
無くなってしまったらもう買えない!買いたい!」となるのですね☝️

よくスーパーでも「残り1点!お一人様2点まで!」という見出しに
ついつい買ってしまいますよね…🤔💦

最高値更新はいつ⁉️

さてそんなビットコインですが、最高値を更新するのはいつなのか、みんなが知りたい事実だと思います。
☝️のナスダックのバブルチャートと比較すると、

最高値をつけたのが2000年、
底値を打ったのが2007年と2009年。
最高値を更新したのが2017年です


つまり底値から最高値更新まで約10年かけたということになります👏

ビットコインは他の金融商品よりも3〜5倍の速さで
進んでいると言われています。(時間軸)

ビットコインは

2017年240万の最高値をつけ、
2019年35万の底値をつけました。

ここから240万円の最高値を更新するのを
ナスダックのチャートの時間軸の
3〜5倍と仮定した場合、
およそ2022〜23年には最高値を更新していくのではないでしょうか📈

今日のbtc日足チャート

ビットコインは去年2019年から続く
レジスタンスを上抜けして上昇を続けています。
一旦は調整挟んで右肩を作る逆三尊を形成していくかのように見受けられます👀

ともなれば、8000ドルまでは買い下がりで現物を購入するなど、ビットコインの最後の安値で買うチャンスが訪れるかもしれません。

2022〜23年に最高値を更新する仮定が正しい場合、
今年度はビットコインの枚数を集める投資作業が
懸命になります👏

あくまで仮定の話ですが、
ビットコインの将来に期待をし、
金ちゃんは2020年ビットコインの枚数を集める
ことに集中していきたいと考えています🗣