団結の力: 仮想通貨による資金調達

今、資金調達は以前よりも厳しい状況にあります!

多くの非政府組織(NGO)や慈善団体は、資金を集めたり寄付を受け取るために革新的な方法を探しています。暗号資産は、彼らにとってより多くの機会を引き出す鍵になるのでしょうか?

はじめに

貧困に直面する人々を支援し続けるために、多くの非営利団体や慈善団体は、暗号資産を資金集めと慈善寄付を得るための新しい手段として注目しています。

暗号資産は、彼らにとってより多くの機会を引き出す鍵になるのでしょうか?

赤十字

2014年11月、世界最大級の人道支援団体であるアメリカ赤十字社が、ビットコイン(BTC)寄付を受け取るビットペイ(BitPay)のパートナーシップを発表しました。アメリカ赤十字社は、暗号資産コミュニティからのすばらしいサポートを得たことで、ビットコイン(BTC)、イーサリアム( ETH )、リップル(XRP)などの暗号資産での寄付を受け取るパートナーシップが拡大させました。

オランダとイタリア赤十字社も今年初め、新型コロナウイルス対策の資金を調達するために、暗号資産での寄付を受け取ることを開始しました。

セーブ・ザ・チルドレン

2013年、超巨大台風「ハイエン」の壊滅的な影響を受けて東南アジア全域では、多数の負傷者が家を失ったり、飢餓に直面する状態になりました。同じ年に、国際支援団体「セーブ・ザ・チルドレン」は、災害の影響を受けた人々を支援するために暗号資産での寄付を可能することを決断しました。

「セーブ・ザ・チルドレン」は、「自然災害」、「戦争」、「飢饉」、「病気」などの被害を受けた子供達を支援するために世界中で活動を続けています。そのような中で、ビットコイン(BTC)の寄付だけでなく、他の暗号資産でも受け取ることを可能にしました。

ユニセフ(国際連合児童基金)

2019年10月に、ユニセフは国連組織として初めて暗号資産の寄付を受け取ることを始めました。ユニセフは、世界中の子供たちを支援するためにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の寄付の受け取り、管理、支払いを可能にする暗号資産基金を立ち上げました。

現在、フランス、米国、オーストラリア、ニュージーランドなどのユニセフ国内委員会は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、USDコイン(USDC)などの暗号資産の寄付を受け取ることができます。