ゲームが仮想市場に参入したとき

ゲーム業界は「テトリス」や「スーパーマリオ」などの象徴的でシンプルなダブルボタンゲームから最近のメガヒットの「リーグ・オブ・レジェンド」、「ワールド・オブ・ウォークラフト」、「ドタ」などまでかつてないほどブームである。それによってブロックチェーン技術と仮想通貨市場の人気の高まりにと伴って、ゲーム開発者やパブリッシャーはこの成長傾向を活用したいと考えるのは当然である。

以下は幾つの最も人気のブロックチェーンと暗号通貨ゲームの短いリストである。

ビットコインバウンティハント(Bitcoin Bounty Hunt)

2019年11月にオンラインゲーム開発者であるドナーラボ(Donnerlab)は「ビットコインバウンティハント」と呼ばれる全く新しい一人称シューティングゲームを公開した。プレイヤーはビットコインライトニングネットワークを介してビットコインに変換することができ、他のプレイヤー(1バウンティ = 1サトシ)を倒すことによって「バウンティ」で報われる。

このゲームでプレイヤーは自由かつ迅速にビットコインを使用することができる。

クリプトキティーズ(Cryptokitties)

2017年11月に発売されたクリプトキティーズはイーサリアムで取引された仮想猫の繁殖ゲームである。プレイヤーは様々な品種の仮想猫を購入、販売する共に、それらに様々なアドオンを購入するためにエーテルを使用することができる。ライブに行って以来ゲームは仮想通貨愛好家の間で仮想猫の繁殖の流行を引き起こしている。

ゲームは非常に人気が高くなったので複数の大量の取引の結果としてイーサリアムブロックチェーンをボトルネックにさえした。

ライトブリンガー(Lite Bringer)

ロールプレイングゲーム「ライトブリンガー」はライトコイン(Litecoin)ブロックチェーン上で完全に実行できる最初のゲームである。各プレイヤーは独自のブロックチェーンアドレスを持っているため、プレイ中にゲームで獲得したライトコインを保存できる。

それについての最良の部分―もしゲームに飽きる場合いつもで自分のゲームギア、架空の人物およびほかのゲーム内アイテムとライトコインを交換することができる。