仮想通貨を採用した前向き考えがある銀行

多くの伝統的な銀行は、仮想通貨業務に対してより疑いな態度を持つ傾向がある。しかし、一部の小規模で前向きな銀行はクリプトトレインを活用する方法を検討している銀行もある。

一部の企業はこの新しいデジタルファースト市場でより多くのビジネスチャンスを開拓するために仮想通貨取引、親権、ICOコンサルテーションなどのビジネスを積極的に導入している。

フィドール銀行Fidor Bank

Fidor銀行の仮想通貨オプションはその中で最も魅力的な一つの機能である。即ち、お客様は自分の仮想財布をFidorアカウントに直接バインドできる。それに加えてドイツに拠点を置いてあるデジタル銀行は多くの仮想通貨プラットフォームと提携し法定通貨と仮想通貨の間の取引をを容易にできる。

バンク・フリック(Bank Frick

リヒテンシュタインに本社を置いてあるバンク・フリックは仮想取引、仮想ストレージソリューションなど仮想関連のサービスを提供している。今現在、ビットコインおよびすべての主要なアルトコインはBCH、LTC、XRP、ETHなどを含む取引に利用可能になっている。銀行は更に革新的なSCaaS(安定したコインサービス)ソリューションを提供し、企業が独自の安定したコインを発行するのをサポートしている。

マーキ・バウマン&カンパニー AG(Maerki Baumann & Co. AG

2020年6月、スイスのプライベート銀行であるマーキ・バウマンは仮想通貨取引と親権機能を有効にすることで仮想サービスを拡大した。この大きなステップを踏み出す前にマーキ・バウマンは仮想通貨/ブロックチェーン企業が企業アカウントを開設するのを支援する共に、スタートアップや企業向けのイニシャルコインオファリング(ICO)とセキュリティトークン提供(STO)に関する相談サービスを提供し始めた。