ビットコインでネットショッピングしよう

今年の世界のネットショッピングの市場規模は、なんと4兆ドルに達すると予測されている。最近は食べ物からファッションや家具にいたるまで、何でもオンラインで購入できる。とても簡単・便利で、たくさんの選択肢の中から選びワンクリックするだけで買い物ができる。その中、一部のECプラットフォームが仮想通貨と連携していることをご存知だろうか?今回は、ビットコイン決済を受け入れている、いくつかの大手ECをご紹介しよう。

Overstock.com

米国に本社を置くインターネット小売業者の「オーバーストックドットコム(Overstock.com)」は、2014年1月にEC業者で初めてビットコイン決済を受け入れている。顧客は、家具、日用品、ジュエリー、家電、アクセサリー等を購入し、ビットコインを用いて決済することができる。

Newegg

米国を拠点とするソフトウェア・電子機器小売大手「Newegg」は、2014年7月からビットコイン決済を受け入れている。昨年同社は、ビットコインが世界中で勢いを増し続けていることから、73ヶ国以上で提携加盟店を拡大していると発表した。

Digitec Galaxus

2019年3月、スイスのオンライン小売業者「Digitec Galaxus」は、仮想通貨を使用した新たな決済方法を紹介した。同社は、「Digitec.ch」と「Galaxus.ch」という2つの別々の店舗を運営しており、いずれもビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル等の決済を受け入れている。