ビットコインで出前を頼めるようになった

フードデリバリー産業はここ数ヶ月で急激に正当し、食べ物への渇望を満たすことがこれまで以上に便利になった。
この数カ月の間、食事産業は急速に成長し、人々の食欲を満たすことはさらに便利になった。ところが、ビットコインでの支払いを受け入れる業者があることをご存知だろうか?今回は、ビットコイン決済を受け入れている世界の大手フードデリバリーサービス企業3社をご紹介しよう。

テイクアウェイドットコム(Takeaway.Com)

欧州のオンラインフードデリバリーサービス企業の「テイクアウェイドットコム(Takeaway.Com)」は、今月初めからフランスの子会社「ジャストライト(Just Eat)」を初めとしてビットコイン決済を開始した。実は、これは同社がビットコイン決済を受け入れる初めての試しではない。2017年にも、ドイツのフードオーダーデリバリーサービス部門の「Liefarando.de」が、ビットコイン決済の試験運用を開始した。

シャトルデリバリー(Shuttle Delivery)

2017年に、韓国人気フードデリバリーサービス企業「シャトルデリバリー(Shuttle Delivery)」が、ソウル市内での注文配達の支払いにビットコインを使用できるようにした。同社はそれをさらに一歩進め、ビットコインキャッシュ(BCH)決済も可能にした。今や、食べたいものを食べたい時に注文し、好きな方法で支払うことができる時代がきた!

ハングリ.dk(Hungry.dk)

2014年には、デンマークのフードデリバリープラットフォームの「ハングリ.dk(Hungry.dk)」が、ビットコイン決済を試験運用した。残念ながら時間がかかり、使いやすくないから、すぐに終了したが、2018年に同社はビットコイン決済を再度採用し、現在でもよく使用している。

今後さらに多くのフードデリバリー業者が、仮想通貨での決済を受け入れるようになるだろうか?