ビットコインで市民権を獲得!

海外へ行った時、「ここに住んでみたい」と思い込んだことはないだろうか?

ビットコインの使用及び普及のおかげで、今や可能になった!今回は、現在ビットコインによる市民権の申請を受け入れている、世界でも数少ない国々をご紹介しよう。

バヌアツ

バヌアツは、南太平洋に浮かぶ絵のように美しい熱帯の島であり、世界最初の市民権申請でビットコインの支払いを受け入れる国でもある。バヌアツの市民権獲得には、およそ26万ドル(現在のBTC/USD為替レートで約25 BTC)がかかる。バヌアツ情報センターは、ビットコインを処理のために関連する政府単位に渡す前に、ビットコインを米ドルに両替する。

アンティグアとバーブーダ

この国で市民権を申請しようとすると、少なくとも10万ドルが必要である。ビットコインを使用して支払う場合の費用は、今のBTC / USDの為替レートに基づいて換算すると約9.5 BTCになる。ビットコインを使用して行われた場合、政府は市場変動による潜在的な損失を避けるために米ドルに両替される。

今後他の国々も、ビットコインや他の仮装通貨を市民権申請の支払い方法として受け入れるだろうか?そうだとすれば、次はどの国だろうか?