WSOT 2021: Junki84 さまの戦略

昨年のWSOT 2020では、Junki84という名前は神話的な存在だと言っても過言ではありませんでした。今年もJunki84さまの戦略についてインタビュー致しました。


問:WSOT 2021 大会がもうすぐ始まります。昨年度大会で「5,242%」という驚異的な個人損益率(%)を叩き出した暗号資産トレーダー「@Junki841」さんに勝利の秘訣を伺います!

Junki84さま:
とても初歩的な戦略に聞こえるかもしれません。昨年の大会開催期間中、私は価格が横ばいのパターンになるだろうと予想しました。

ということで、一番安値だと思ったところで買い、調整局面に入ったタイミングで売る、を繰り返しました。

実は、昨年のWSOTは私にとって、生まれて初めての暗号資産取引大会だったんです。賞金総額が高かったので参加を決めました。

結果的に、自分の戦略を実戦でしっかり試すことができ、貴重な機会となりました。

最初はレバレッジをかけませんでした。まずは、ポジションの数量と損切価格を設定するところから始めました。私の平均レバレッジは8~10倍です。


問:個人損益率 5,242%という驚異的な記録を誇る WSOT 2020の覇者として、今年参加されるトレーダーの方々に何かアドバイスはありますか?

Junki84さま:
いつも自分なりのルールを決めることです。ルールは臨機応変に変えることもできますが、あまり頻繁に変更しない方が良いでしょう。


大事なのは、自分のルールを守ること。そして、これが最も大事なことですが、自分自身がそのルールに期待することです。

確実に見込みがあるのに、それでも利益が出ないという場合、どこかで自分のルールを信じきれなかったということになります。

私の基準では、年に1~2回はこのルールを変えます。ルールを新調すると、以前よりも高い期待値を持って望むことができます。

今年は、昨年を遥かに上回る規模の大会です。ぜひ、チーム戦と個人戦の両方に参加して、皆さんと切磋琢磨して、そして自分の戦略を信じて勝利を手にしたいと思います。

今すぐWSOTにエントリーしましょう!