Bybitクロスマージン機能を徹底解説!

 Bybitでのお取引がより快適になるよう改善の努力を重ねておりますが、その一環として証拠金補充方法が現在のAMR(自動証拠金補充機能)からクロスマージンに変更されました。

 では、クロスマージンの使用方法についてご紹介いたします。

 清算リスクを回避するため、Bybitには「分離マージン」、「クロスマージン」という2つのオプションがあります。

 分離マージンの場合、必要な初期証拠金が口座残高から分離されています。その後に追加された証拠金は口座残高からポジションに移されません。

 清算によって失う最大金額がそのポジションの初期証拠金であるため、分離マージンは清算の損失を最小限に抑えるのに役に立ちます。高いレバレッジのポジションに対して、市場の変動から迅速に利益をもたらすことができます。逆に、市場が予想通り動いていない場合にはすぐ清算される可能性があります。

分離マージンのレバレッジは「レバレッジ」で選択したレバレッジ数量です。

クロスマージンは、清算を回避するために、口座残高のすべてがポジションの証拠金として自動的に補充される機能です。クロスマージンは、デフォルト設定です。レバレッジなしでポジションが設定された場合、クロスマージンが自動的に使用されるようになります。

 したがって、清算の可能性は、分離マージンを利用する場合より少ないです。しかし、清算された場合、トレーダーは残高の全てを失うものです。

 例えば、トレーダーは1BTCの資産残高があり、ロングポジションを8000ドルにてクロスマージンにて1000契約を購入しました。その維持証拠金は以下のように計算されます。

 1000/8000*0.5%=0.000625 BTC

つまり、トレーダーのポジションが1―0.000625BTCを失う際に、即座に清算されます。

ですから、クロスマージン機能は慎重にご利用下さい。

図のように、プラットフォームページの右上でクロスマージンを設定できます。

 清算価格の計算などに関する詳細はこちらです。

 更新前に、もしトレーダーが成約されたポジション/注文を所有ており、AMR(自動証拠金補充機能)を選択しなかった場合、システムは、これらの成約されたポジション/注文に対して分離証拠金の設定を保持します。もし、トレーダーがクロスマージンに変更したい場合、トレーダーは、「レバレッジ」パネル上で手動で行う必要があります。

 もし、トレーダーが更新前にAMR(自動証拠金補充機能)を有効にしていた場合、システムは自動的にクロスマージンに切り替えます。