新たに「相互保険」サービスを開始致しました

ビットコインは価格変動が激しい資産であると言われています。その価格は株価同様、しばしば世界の出来事の影響を受けます。 3月にCOVID-19世界流行による危機が世界中に広がり、世界市場にも影響を与えました。ダウは3月16日に3,000ポイント下落しました。一方、ビットコイン価格は、 一か月前には10000ドルであったのが3月13日には、一時的に4,000ドル以下に急落するなど、仮想通貨市場自体は世界不安の影響をから免れることはできませんでした。

ビットコイン半減期がこの状況に重なると、仮想通貨にとって非常に不安定な時期になります。3度目の半減期の後にビットコイン価格は最終的に大幅に上昇すると広く予想されています、それがいつ起こるかは予想できません。特に現在の経済情勢では、かなり長い間、激しい価格変動が話題になっています。実際、ここ数日でビットコイン価格は約10%下がりましたが、今月はまた20%上昇しています。

これはトレーダーにとって懸念の種になりえます。価格が予想に反して動いた場合はどうなりますか?最悪のケースでは、強制決済を経験することにもなります。このような時、Bybitの相互保険機能が役立ちます。

「相互保険」とは?

相互保険は、相場変動による潜在的損失を回避するために利用できるリスク管理ツールです。BTCUSD無期限契約ポジションを保有するトレーダーは、相互保険を購入できます。

(相互保険有効期間内に)付保したポジションに損失が発生すれば、補償金を受け取ることができます。

買い保険:BTCUSDロングポジションを保有するトレーダーは、相互保険を購入して潜在的な下落リスクを回避できます。インデックス価格が付保価格よりも低かった場合、トレーダーは補償金を受け取ります。

売り保険:BTCUSDショートポジションを保有すトレーダーは、相互保険を購入して潜在的な上昇リスクを回避できます。インデックス価格が付保価格よりも高かった場合、トレーダーは補償金を受け取ります。

相互保険はどのように有効になりますか?

買い保険を購入後にインデックス価格が下がった場合、トレーダーは補償金を受け取ります。

売り保険を購入後にインデックス価格が上がった場合、トレーダーは補償金を受け取ります。

補償受取金が支払われると、補償受取金は即座に出金できます。

トレーダーは、2時間、12時間、または48時間有効な保険を購入できます。保険購入時、すべてのトレーダーは手数料を支払い、補償金を受け取る場合には、保険金も支払います。

保険料=付保数量 * 0.05%(BTCで決済)

保険料総額は保険料+保険手数料になります

買い保険金の補償受取額の計算:

   付保数量*(1 /決済価格-1 /付保価格)

売り保険の補償受取額の計算:

   付保数量*(1 /付保価格-1 /決済価格)

 補償受取金の請求条件

補償受取金は、以下の条件のいずれかが満たされた場合に支払われます。

A.保険が満期になった場合

B.保険が手動で解約された場合

C.付保されているBTCUSDポジション全体が強制決済された場合

D.付保されているBTCUSDポジションの一部が強制決済された場合

「相互保険」「利食損切」、「ポジションヘッジ」の違いは?

「相互保険」、「利食損切」、「ポジションヘッジ」はいずれも、保有ポジションの損失を回避するために使用されます。 相互保険、テイク/プロフィット/ストップロス、およびヘッジポジションはすべて、ポジションを保持しているときの損失を防ぐことができます。しかし、利食損切およびポジションヘッジは、損失を回避することができる一方で、大きな利益を見逃す可能性もあります。

一方、相互保険は損失を回避するだけでなく付保されたポジションの利益は影響を受けないことが保証されます。運が良ければ利益を享受でき、相場が期待に反して動いた場合でも補償を受けることができるので、安心です。

相互保険は購入の瞬間から有効になります。購入後、付保されたポジションの利益が減少した、利益が損失に反転した、または損失が増大した場合、相互保険にては利益または損失のこの変化を補填します。

相互保険購入後、付保されたポジションの利益が増大したり、損失が減少したりすると、相互保険はもはや有効ではなくなりますが、トレーダーはくつろいで利益を享受することができます。

リスクフリー取引を提供

Bybitの相互保険は、相場に大きな変動がある場合、または相場傾向が不確実な場合の購入に適しています。 相場が予想に反して移動した場合でも補償を受けられるので安心できます。 取引に付随する不安を取り除きます。

Bybitの最新のアップデートについては、Twitterとブログをお楽しみに。

「相互保険」に関するよくあるご質問についてはこちらをご参照下さい。