「Bybitインサイト」株の暴落と同時に発生したビットコインのスランプ

 我々が以前述べた通り、予想よりも鈍い産業とMt. Gox(マウントゴックス)への懸により、ビットコインは少なくとも月末まで低迷が続く。

 米国株式市場は、世界中での新型コロナウイルスの突発的発生後に最初に急落し(実際に、議会および連邦最高裁の専門医であるブライアン・モナハン医師は、米国で7000万~1億5000万人が感染すると予測し、市場を震え上がらせた)、その後石油大手による価格戦争の影響を受けてさらに悪化した。オイルマネーは数兆ドルに上り、それは米国国債の大口投資家の一つであることには注意が必要だ。また、サウジアラビアの財政収支が均衡する原油価格は70~80ドルの間であるが、一方ロシアは40ドルの価格でも財政収支の均衡を維持することができる。これは、短期的には価格戦争によるロシアのダメージがそれほど深刻ではないことを意味する。サウジアラビアは近いうちにロシアとの交渉に臨む姿勢を見せておらず、次に会合が行われるのは2ヶ月後と予想される。

 では、石油市場を分析してみよう。石油産出国は通常そのオイルマネーを、債券市場や株式市場へ投資している。これは彼らが将来自国のキャッシュフローが減ると予想した場合、持ち高を現金化することを意味する。このような状況は、2015年の第2四半期にカタール投資庁がグレンコア株等の売却に追い込まれた時にも見られた。これらの資産の価格が下落すると、金融市場での連鎖反応の引き金となり、さらに流動性が損なわれる。

2019年に起きた米金融市場でのドル不足が再度出現し、SOFR(担保付翌日物調達金利)の一時的な急上昇はドル準備不足の懸念と一致している。

米国のシェールオイルも、生産コストを40ドル以下に抑えられる企業はわずか3分の1であることから、痛手を負うことになる。

図表2:2018~2019年におけるベースンでのP50 WTI 経常収支均衡原油価格

1バレル当たりドル価格

ニューメキシコ州デラウェア

ミッドランドノース

パウダーリバー

EFSセントラル

スクープ

テキサス州デラウェア

ミッドランドサウス

DJ

EFSウエスト

EFSイースト

スタック

届出生産期間が少なくとも4ヶ月以上の、すべての水平油井が含まれる。

パーミアン、イーグルフォード、バッケン、DJ、パウダーリバー、スクープ、スタックの、30以上の油井を持つ1エーカー以上の生産地のみが含まれる。

原油価格が40ドルより低い状況が長期間続いた場合、シェール企業の信用リスクは著しく上昇し、銀行の不良債権等のさらなる連鎖反応を引き起こす。シェールオイル企業は、米国ハイイールドインデックスの13%を占めている。

ハイイールドと投資適格のエネルギーセクターウェイト月間時系列データ

ハイイールドエネルギー企業シェア

投資適格エネルギー企業シェア(RHS)

このような状況のもとで、誰かの緊急の資金ニーズによりビットコインが売られ、たくさんの勢いを得たアルゴリズムトレーダーがそれに続いたとしても驚くに当たらない。金さえ売られるのだから、仮想通貨は言うまでもない。

繰り返すが、我々が以前述べた通り、少なくともMt. Gox(マウントゴックス)から発表があるまで、ビットコインは低迷が続く。私たちの観測に注意を払った者だけが、今夜の深い分析を生き延びることができたであろう。