Crypto bit Bybit: KOLについて

こちらのCrypto Bit Bybitでは、仮想通貨市場における見逃せない重要な見解やトレンドを、素早くチェックできる。

今回は、ソーシャルメディアプラットフォームにおける暗号資産のインフルエンサーについて、さまざまな視点から見ていこう。彼らは暗号資産のコミュニティでは不可欠の存在であり、その意見には大きな価値がある。草の根の声は誰もが認める水準とは限りませんが、彼らはそれを純粋な情熱、リスクを取るのを恐れない態度、現実的な精神で補っている。

差し迫ったブレイクアウト―Ivan on TechDataDashPlan BJosh Rager

20万のフォロワーを持つ暗号資産ユーチューバーのIvan on Techは、ビットコイン価格の動きについて楽観的な見通しをシェアした。「投資家たちは記録的な4.6兆ドルを金融市場に注ぎ込む」、「次のドル暴落はどのような展開をみせるか」等のマーケットヘッドラインを引用すると、Ivan on Techは様子見のキャッシュリザーブが近い将来のハイパーインフレ―ションの兆候であると解釈している。保守的な姿勢は機関投資家たちの間で共有され、株式市場への不信から現金と債券に突然シフトした。銀行預金はうなぎ上りとなり、Ivanは、とうとう暗号資産が完全に受け入れられる時が来たと信じている。

ハードコアなテクニカル分析に特化したチャンネルのDataDashは、暗号資産が100%受容されるというIvanの前向きな見通しをシェアした。彼は足元の相場サイクルを観察し、市場が一貫して6千ドルのレジスタンスを試して最終的に下向きの突破に陥った、2017年のサイクルの逆行トレンドを示していると結論付けている。しかしながら足元のサイクルでは、8.3千ドルから1万ドルのレンジが徐々に狭まり、繰り返し挑戦が続いていて、1万ドルの障壁の突破への大きな可能性と、より高い頂点への到達の期待が感じられる。

別のインフルエンサーであるPlanBは、より大胆な予測を表明している。彼の考案したストック・フロー比率(S2F)モデルでは、将来のBTC価格をシミュレーションするために希少性を測定する。希少性のアプローチについては、ビットコインが今世界で最も希少な資産であると主張するThe Moonも同意を示した。Plan Bのモデルは、ぱっと見た感じでは一連の数字と計算で構成されている。彼のストック・フロー比率 クロスアセットモデル はビットコイン価格が2024年までに288,000ドルに到達すると予想し、彼の最新の ビットコインvs SP500モデルはシンプルに、近い将来20,000ドルに届くと示唆している。

それとも弱気・停滞の見通しか?

ここ数日の市場全体の巨額の損失は、 Josh Rager の戦略を節度ある強気からショート側へ傾かせ、9,200ドルを下回る急落がさらなる下落の可能性を再考させた。週明けは強い上昇相場でスタートしたが、彼は、9,260ドルは依然としてビットコインにとって重要な水準であり、それ以上の下落は弱気に転じる兆候かもしれないと繰り返し述べた。

全体的な楽観の市場センチメントの中で、 Cole Garner は、6月23日の一晩でマイナーからの流出が一転して急増し、ビットコインが5月に一瞬1万ドルに達した時に次ぐ2番目の上昇であることに目を向けさせた。マイナーが大量のコインを動かすのは、決してよい兆候ではない。彼自身は極めて強気であるにも関わらず、Cole Garnerは次の動きが下落であると予想している。別のツイートの中で彼は、長い目で見れば楽観的だが、6千ドル台半ばに心理的バリアがあると述べている。

出典: Cole Garner

一部のアナリストは3月のトレンドについてそれとなく言及し、最近のリジェクションをより積極的な下降トレンドのサインであると認識するかもしれないが、6月23日の予想外の価格調整にもかかわらず、ソーシャルメディアのインフルエンサーの圧倒的多数は楽観的で、または少なくとも希望を抱いている。特にキーオピニオンリーダーの間では、弱気の見通しは滅多にみられず、これは市場の不均衡の可能性に対するわずかな不安を表している。