覚えておこう基礎知識VI·トレード用語編

【今回解説する用語】
・ローソク足(日足など)
・陽線/陰線
・上ヒゲ
・下ヒゲ
・ライン

これまでに紹介したトレード基礎用語

基礎知識編1で紹介しているトレード用語
・スキャルピングトレード
・デイトレード
・スイングトレード
・ラインチャート
・ローソク足
・損切り
・レバレッジ
・ロングとショート(空売り)

基礎知識編4で紹介しているトレード用語
・現物取引とFX
・ポジションとノーポジ
・利確と損切り
・含み益と含み損
・ロット

基礎知識編5で紹介しているトレード用語
・板
・約定
・指値
・エントリー
・エントリーポイント
・通貨ペア
・テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

 

①ローソク足

ローソク足とは、このようなものを言います。
トレードをしていく上で、このローソク足とは一生
付き合っていかなければいけないものなので、
しっかりとここで勉強しておきましょう😉

これは見て分かる通り、「ローソク」を元に形成されていて、
日本人が発明したものなんですが、
このローソク足1本1本に人間の心理状況が表されています

最大の特徴は、対象とする期間に相場が上昇したのか
下落したのかがひと目でわかり
相場の強さや弱さの度合いも把握できるところにあります。
1本の足からも、たくさんの情報を読み取ることができます👏

この1本1本が、連なり、チャートとして形成されていきます。
トレーダーは、このローソク足を見て、
相場がどのように今後動いていくのかを予想しながらトレードをしていくってわけなんです。
チャートには1分でローソク足が1本完成するものから、
1ヶ月で1本完成するものまで、時間足別に形成されます。

例えばbybitのチャートで見てみると、
ここの赤枠で好きな時間足に変更ができます。

時間足は短いものほど難易度が高くなっているので、
初心者の人はまず、1時間足から、月足までの長い時間軸のチャートを見てトレードしていくことをおすすめします

この相場に参加している人たちの心理が、ローソク足に表されるため、
まさにトレードとは「心理分析」をしていく戦いのようなものです。

目に見えない、画面の向こう側の人たちの心理を逆手に読んで、
負けないように「心理分析」を向上させていく必要があります👍

トレードをしていくと、この心理分析が上達していくのですが、
ビジネスや友人関係などにおいても、
活用できますし、身につけていて損はないものになります🙌 ✨

 

②陽線陰線

このローソク足にはいくつか種類があるのですが、
基本的なのがこの2つになります。
まず青色の方が陽線になります。
これは読んで字のごとく、上がった線になります📈
スタートした値よりも、高い値で終わるとこのような陽線になって、
またここの実体と呼ばれる部分が長ければ長いだけ上昇の勢いが非常に強かったことを表していて、相場が今後、上昇していく可能性が高いことを暗示しているローソク足と言われています。

反対に赤色の方が陰線ですが、
これも読んで字のごとく、下がった線になります📉
スタートした値よりも、低い値で終わるとこのような陰線になります。
陽線の逆で、ここの実体が長ければ長いだけ、下落の勢いが非常に強かったことを表していて、相場が今後、下落していく可能性が高いことを暗示しているローソク足と言われています
このローソク足に関しては様々な形があって、それぞれに「意味」や「心理」が違ってきます👍


③上ヒゲ下ヒゲ

こちらは、先ほどのローソク足にあった、上や下につく飛び出た棒のことをいいます。
これを通称「ヒゲ」と呼び、
長方形になっている部分を「実体」と呼びます🙌

この2つが重なりようやく「ローソク足」として完成するわけなんですが、
それぞれの相場でどっちが長いかとか、短いとか、
実体がほとんどなくてヒゲしかない、
もしくはヒゲがほとんどなくて実体しかない、など、様々な形があります😮

実体が長ければ長いだけ上昇が強いとか下落が強いというのは先ほど説明しましたが、
このヒゲの長さにも、「相場の進行状況」が表されています。

例えばこのように上ヒゲが長い陽線の場合、実体がそれなりに長くても、
それ以上に上ヒゲが長い場合、
相場がいったんは大きく上昇したものの、その後は売りのパワーが強く、
高値から大きく下落したということです。
基本的には相場がやや、弱いことを暗示していると予想できます💦

逆に、このように下ヒゲが長い陰線の場合、
相場がいったんは大きく下落したものの、その後は買いのパワーが強く、
安値から大きく反発したということです。安値に相当の買い圧があったと考えられるので、陰線ではありますが、基本的には相場がやや強いことを暗示していると予想します🙌


④ライン

ラインというのは、このようにチャートに引ける線のことを言います。

ライントレードに関して詳しくはこちらの記事を見てね👀🔍
👉:ローソク足で相場分析記事 シリーズ②

トレーダーたちは、このようにチャートにお絵描きのようにラインを引いて、
どこまで上がるか、下がるかを予想しています。

ラインを引いてトレードをすることは、初心者がまずはじめに覚えるべき
トレードの王道の手法」となっていますし、
プロの多くがこのラインを使ってトレードをしているので、必ず覚えていきましょう👍

ラインでトレードをすることを、すなわちライントレードといいます。
そして、このラインには、いくつか種類があります。

ラインの種類に関しては次の記事で紹介していくのでチェックしてくださいね😉

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/