ボリンジャーバンドとは &仮想通貨取引でボリンジャーバンドの使い方?

仮想通貨トレーダーは、次の値動きを予測し、現在の動向を正確に判断するのに役立つ効率的なテクニカル指標に関心を寄せています。

グラフを複数の線、ヒストグラム、および要素で覆う複雑な指標が、より良い信号を提供することができると考えられています。

しかし、これは真実ではありません。

多くの場合、従来の方法の方が効果的で簡単です。

何十年も前から使用され、今でもうまく機能している最高の技術指標の 1 つが ボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドとは、相場行動を構成するチャネルを形成する3つのラインで構成されるテクニカル指標のことをいいます。

中間線は単純移動平均(SMA: 以下、移動平均線)であり、上下線は移動平均線によるものであり、相場の変動に基づくものです。

トレーダーらは、ボリンジャーバンドを使用して、現在のトレンドを見極め、変動を測定し、トレンドが反転する可能性を予想しています。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは最も人気のあるテクニカル指標の 1 つです。

主として、変動指標としての正確さから、前引けに比べて相場がどの程度高いか、どの程度低いかを判断するために使用されます。

この指標は、1980年代にジョン·ボリンジャー氏が株式分析のために開発したもので、それ以来、最も好まれる相場分析ツールの1つとなっています。

ボリンジャーバンドは伝統的な市場で人気があるが、仮想通貨も例外ではなく、トレーダーはこの指標を採用しています。

特に、変動指標は仮想通貨取引において不可欠であります。

ボリンジャーバンドは次の 3 つのバンドで構成されています。

  1. Middle band: 移動平均線(SMA)。
  2. Upper band: 移動平均線と2つの標準偏差を足したもので、upper bandとlower band が相場の変動に応じて伸縮できるようになっています。
  3. Lower band: は移動平均線から2つの標準偏差を引いた値です。

前述のように、ボリンジャーバンドは移動平均線の上下に2本の線で構成されています。

基本的にこの指標は 20日の移動平均線と、上下線のそれぞれに 2 つの標準偏差があります。

横方向のバンド間の距離は標準偏差によって異なります。

このため、相場が落ち着いているときはバンドが狭く、変動が大きくなるとバンドが広くなります。

チャート上のバンドは次のようになっています:

ただし、パラメータはトレーダーのニーズに応じて手動で変更できます。

たとえば、移動平均線を 15日に, 帯域の標準偏差を 2 . 5 に設定できます。

標準偏差に慣れていない場合には  この概念は  拡散数が値に対してどのように  関係しているかを示します。

例えば、上下のバンドを1つの標準偏差に設定した場合、最近の値動きの約68%がこれらのバンド内に収まっていることになります。

逆に、2つの帯域を2つの標準偏差に設定すると、追跡期間内の値動きの約95%が帯域によって形成されるチャネルに含まれることになります。

次の図は、さまざまな標準偏差値がどれだけカバーできるかを示しています:

M. W. Toews 著 – Jeremy Kemp による 2005-02-09 年 CCBY 2.5 月号の図に基づいて、独自の作品を制作。

M. W. Toews 著 – Jeremy Kemp による 2005-02-09 年 CCBY 2.5 月号の図に基づいて、独自の作品を制作。

ボリンジャーバンドは、相場の変動を測定するだけでなく、トレーダーが買われ過ぎと売られ過ぎの水準を判断することも可能で、これがモメンタム指標となります。

移動平均線が組み込まれているので、ボリンジャーバンドはトレンド追従指標として活躍できます。

この指標は一般的ですが、より良い信号を得るために他のテクニカル ツールと組み合わせることは理にかなっています。

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドを正しく利用するための 特徴:

  • この指標は、相場の変動を測定するために使用されますが、効果的にトレンド、買われ過ぎ、売られ過ぎの水準を判断することもできます。
  • ボリンジャーバンドは、20日移動平均線と上下線の3つの線で構成されており、それぞれに基本的に2つの標準偏差が設定されています。
  • バンドは、 相場の変動が 大きくなると 自動的に拡大し、 相場の変動 が 小さくなると 縮小します。
  • 相場はバンドの中央に戻る傾向があります。 

したがって、バンドの1つに触れるたびに、反対側に跳ね返ることが期待できます。 

このことから、ボリンジャーバンドは、スイングトレーダーにとって良い指標となっています。

  • しばらくの間バンドが互いに非常に近い場合は、いずれかの方向でブレイクアウトが発生する可能性があります。

ボリンジャー バウンスとボリンジャー スクイーズの概念

ボリンジャーバンドが提供する最も重要な取引システムは、ボリンジャー バウンスとボリンジャー スクイーズの2つです。

ボリンジャー バウンスは、相場がいずれかのバンドに触れると中央に跳ね返るというトレンド反転戦略である。 

このため、相場がボリンジャーバンドの上限に達すると、トレーダーらは通常、相場が下落するだろうと思い、逆も同様であります。

状況に応じて、帯域は動的なサポートと抵抗レベルと考えることができます。

ボリンジャーバンド帯域の関連性は、時間枠が大きいほど高くなります。

このため、この戦略は、前夜のポジションを空けていたスイング·トレーダーに適しています。

ボリンジャーバウンスは、相場の変動が比較的低い場合に、横向きのトレンドでより効果的に機能する。

初心者はこのような市況を無視する傾向がありますが、特に傾向がはっきりしない場合は、この戦略は有利に働く可能性があります。

ボリンジャーバンドが拡大している場合は、相場が新しいトレンドを形成しているため、ボリンジャーバウンス戦略の取引はあきらめるべきです。

相場の変動が小さいときは、もう 1 つの方法である ボリンジャー スクイーズ を使用できます。

バンドが密集したらブレイクアウトの準備をするべきです。

相場が高値圏を突破すると、トレーダーらは、相場の上昇が続くと予想され、

買いポジションになります。

相場が底値圏を割り込むと、相場は下落を続けるため、トレーダーらは売りポジションになります。

ボリンジャーバンドに基づく取引システムは数多く存在するが、最も一般的なのはこの 2 つの戦略であります。

なぜボリンジャーバンドは仮想通貨取引において重要なのか?

ご存じのように、仮想通貨の大きな特徴の一つは相場の変動であります。

デジタル通貨は、従来の資産と比較して比較的新しいため、市場の出来事や大規模な取引に対してより迅速かつ緊密に反応する傾向があります。

このため、そもそも相場の変動を考慮したテクニカル指標は、仮想通貨トレーダーが相場動向をよりよく分析し、意思決定を改善するのに役立つはずであります。

世界最大で最古の仮想通貨であるビットコインは、従来のデジタル資産としては比較的珍しい、非常な変動性を示しています。

より大きな期間とすべての取引セッションにおいてそのように行動することが可能です。

例えば 2020年には 3月の急落で 5,000ドルを下回りました しかし,2021年1月初旬には4万1000ドルを超える史上最高額に達する。 

それはなんと156.522%もの価格差を示しています。

特に初心者にとって、極めて不安定な資産の取引は容易ではありません。 

そのため、リスクを軽減するために、ボリンジャーバンドなどの指標を使用すると、より正確に入口と出口を特定できます。

仮想通貨取引でボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドを仮想通貨取引で使用することは、従来の資産(例えば、為替や自社株)を取引する場合と同じです。

しかしながら、デジタル資産、取引機会、およびこの特定の指標からの信号により、より大きな変動が生じることを期待する必要があります。

次に、取引形態に応じてボーリンジャーバンドを設定する方法を示します。

  • Short-term (デイトレード) – 10日移動平均線および1.5の標準偏差
  • Medium-term (スイングトレード) – 20日移動平均線および2の標準偏差。 実際、これらは基本のパラメータなので、何も変更しないでください。
  • Long-term (ポジショントレード) –  50日移動平均線および2.5の標準偏差。

原則として、変動が小さいときに帯域幅が狭くなった場合は、いずれの方向にもブレークアウトに対応する準備をしておく必要があります。

それでも、ブレイクアウトが新しいトレンドで終わることが確認されるのを待つのが最善です。 

それは,孤立したスパイクやスランプの可能性を避けるためです。 

結局、これがデジタル通貨とうまく連動するボリンジャースクイーズ戦略の背景にある主要なアイデアであります。

仮想通貨トレーダーは、ボリンジャーバウンスやスクイーズの他に、ローソク足チャートに表示される「Wボトム」や「Mトップ」と呼ばれるパターンの取引にボリンジャーバンドを使用することもできます。 

それらはダブルボトムとダブルトップスによく似ています。

有効な W ボトムについては、通常、指標の下部バンドの下に表示される最初の安値が、常にバンドの内側にある 2 番目の安値よりも低いかどうかを確認する必要があります。 

仮想通貨が2番目の安値から反発すると、トレーダーらは買いポジションを開始します。

MトップパターンはW ボトムの反対のパターンです。 

このパターンは、反発した後に、過去最高値を更新した抵抗線をもう一度試すことで形成されます。 相場が上値抵抗線を突破できなければ、ダブルトップのようなパターンが現れます。 

主な条件は、最初の高値はバンドの外側にあり、2番目の高値はバンドの内側にある必要があります。 

このパターンがチャートに表示されると、トレーダーは売りポジションを開始します。

デイトレーディング ボリンジャーバンド (短期)

多くのトレーダーはデイトレードを好むため、ボリンジャーバンドはアップトレンドとダウントレンドにおいてどのように適用されるかを以下に示す。

上昇トレンド

この指標は、上昇の強さと、反転または下落の可能性がある時期を示すことができます。 

上昇傾向が十分強い場合、それは規則的に上部バンドに接触する傾向があります。 

このような上昇傾向は、仮想通貨が引き続き成長していることを示唆しており、

トレーダーは買いを続ける可能性があります。

ある時点で相場はある水準まで下がるかもしれない。

引き戻しても移動平均線より上に維持し、再び上のバンドに向かって反発する場合は、

十分な強さを示します。 

重要なのは、相場は上昇局面で下値に影響を与えない方がよい、ということです。 

そうであれば、上昇基調が弱まり、反転する兆候であります。

ほとんどのデイトレーダーは、反転の兆しが見え始める前に、強い上昇トレンドの恩恵を受けることを目指しています。 

トレーダーらは、仮想通貨が最高値を更新できなかった場合、損失を防ぐためにポジションを決済します。

そのため、ボリンジャーバンドは、上昇トレンドの状態を監視して、その強弱を測定し、反転の可能性を予測するための優れた指標となります。

下落トレンド

下落トレンドでは、トレーダーらはボリンジャーバンドを使用して、弱気な動きの強さと、上昇トレンドに反転する可能性がある時期を判断しています。

相場は、下落傾向が強い場合、下値圏に接近する可能性があります。 

当然ながら、販売活動が高水準を維持していることを示唆しています。

相場が新安値を更新できず、下値圏で推移することは、弱気トレンドの勢いが衰えていることを示す強いシグナルです。 

こうした状況下では、空売りトレーダーらはポジションを解消するでしょう。

トレーダーらは、弱気相場のなかで、相場が上値圏に達した場合や上値圏を突破した場合、近いうちに反転することを示す最も強いシグナルと解釈しています。 

ほとんどの仮想通貨は長期的に市場価値の拡大を目的としているため、多くのトレーダーは、下落トレンドでの取引を好まないです。 

だから彼らは一般的な流れに逆らって取引をする気になるでしょう 。

彼らは低い相場で買うチャンスを狙うために、相場の変動を見守っています。

ボリンジャーバンドのバリエーション

仮想通貨トレーダーは、Bollinger Bands Width や Bollinger Bands %B(% 帯域幅)などの ボリンジャーバンド バリエーションも使用できます。

最も人気のあるバリエーションであり、前者の特徴も含んでいるため、後者に焦点を当てる。

Bollinger Band %B は、相場が帯域に対してどこにあるかを定量化する指標です。 次のようになります。

  • %Bが1を超えている場合、相場は上限を超えていることを示しています。
  • %Bが1の場合、相場は上限にあることを意味します。
  • %Bが0.50より上の場合、相場は中間帯を超えていることを示しています。
  • %Bが0.50未満の場合、相場は中間帯を下回っていることを意味します。
  • %Bがゼロに等しい場合、相場は低いバンドにあることを示します。
  • %Bがゼロ未満の場合は、相場が下限を下回っていることを意味します。

%B は発振器に似ており、メインチャートの下に表示されています。 

トレーダーらがトレンドやシグナルを識別するのに役立ちます。

ボリンジャーバンド を使用した暗号取引の場合の考慮事項

 ボリンジャーバンドは、優れた理由から最も人気のあるテクニカル指標の 1 つです。

ただし、他の指標と同様に、仮想通貨の相場を予測することはできません。

バンドは相場の動きにリアルタイムで反応します。

しかし、指標は次に何が来るか予測できません。

特に、過去特定期間の平均相場を考慮した単純な移動平均に基づく場合は、遅延指標と見なすことができます。

しかし、次の相場の動きを予測することはあなたの仕事であり、ボリンジャーバンドは関連するヒントを提供することができます。

注意事項

ボリンジャーバンドをいつ使うべきか理解しておくのが一番です。 

そうすることで、トレーダーはチャートを分析する際の誤解のリスクを軽減することができます。

ボリンジャーのスクイズまたはバウンスを確認する方法

スクイーズが発生すると、シグマバンドは反転の兆候を示します。

しかし、トレンドが起こっているとき、シグマバンドは触れると正の信号になります。

最終的には 移動平均やローソク足チャートのような 異なる信号を含めることで ボリンジャーバンドの形を 批判的に解読する必要があります。

ボーリンジャーバンドを使う時、正確度を高めるためには、他の指標も考慮する必要があります。

複数の時間枠の表示

特定の時間帯だけに焦点を当てると、市場の動向を正確に分析する能力が制限されます。

経験則として、信号は時間枠が長いほど信頼性が高くなります。 

とはいえ 短い時間のチャートだけに焦点を当てた チャートには誤った動きやノイズがあるかもしれません。

たとえば、1 時間の時間枠だけを設定したとします。 

その場合、日次または週次ベースで分析する際に下落トレンドがあったとしても、全体像で評価する際に大きな上昇トレンドがある場合は正確に予測できません。

最後に

初心者であろうとなかろうと、ボリンジャーバンドは何十年もの間、チャート分析において信頼性が高く有用な指標であることが証明されています。 

この指標が正しく使用されていれば、相場の良否を事前に識別するのに役立ちます。 

初心者の場合は、通常の設定値で取引し、自分の取引スタイルに合わせて変更します。

今 Bybit アカウントを登録すると、最大 100 ドルのトークンとクーポンがもらえます

 BTCUSDETHUSDEOSUSDBTCUSDTETHUSDTLINKUSDTLTCUSDT、および XTZUSDT を最大 100 のレバレッジで取引できます。

最新のアップデート:

ソーシャルメディア –  TwitterFacebookInstagramYouTube、および LinkedIn

Telegram と Reddit参加してください

お問い合わせは、ヘルプセンターを訪問してください。

*この文書は参照のみを目的としています。 バイビットを通じて提供されるいかなる情報も、いかなる投資又は取引戦略も特定の個人に適しているという助言又は勧告を意味するものではありません。

これらの予測は、業界の動向、顧客を取り巻く状況、およびその他の要因に基づいており、リスク、変数、および不確実性を含んでいます。

本書に含まれる特定の予測、予測、または予測ステートメントの正確性については、明示または黙示の保証はありません。 この記事のユーザーは、Bybitがお客様の投資決定に責任を負わないことに同意しています。 取引の前に専門家の助言を受けてください。