指値注文とは?

現在のBTC価格が $7,000 です。トレーダー Ann はBTC価格が $5,000 になると予想しています。価格が $5,000 に下がった時、10倍のレバレッジを利用して、1000 BTCUSD契約を購入するつもりです。しかし、これからの仕事が忙しくて相場に気を配ることができないと心配していますが、底値買いの機会を逃したくなくて、彼女はどうすればいいですか?

この場合、Ann は指値注文機能を利用できます。

指値注文とは?

指値注文とは、トレーダーがあらかじめ指値価格、契約数量とそれに応じたレバレッジを設定した注文タイプです。指値注文モードでは、最終取引価格が設定された指値価格に達するのみと、注文が約定されます。つまり、トレーダーは指値注文を利用して、より低い価格で買い注文またはより高い価格で売り注文を発注することができます。

Annの例では、

買い注文の場合:Annは、指値価格 $5000 で BTC 契約を購入することが設定できます。もしBTC価格が $5,000 以下に下落した場合、指値注文は即時に約定され、$5,000(または $5,000 以下)の価格で BTCUSD 契約を購入します。BTC 価格が $5,000 に下がらないと、注文は約定されません。

逆に売り注文の場合、より高い価格で売ることを確保するために、現在の市場価格より上回る価格で指値注文を設定できます。

指値注文が約定すれば、メイカーの手数料をもらえます。

一般的に、トレーダーが指値注文を発注すると、注文は取引板(オーダーブック)に入れて約定を待つことになります(指値価格は現在の市場価格より上回る)。つまりメイカーとして市場に流動性を提供するということです。注文が約定したら、トレーダーは手数料を支払う必要がないだけでなく、0.025%の手数料のリベートを受け取れます。

ただし、注意することもあります。指値注文の場合、取引板(オーダーブック)にすでに指値価格に等しいやもっと適切する注文があったら、指値注文はすぐに現在の最適価格で約定されます。例えば、現在の注文価格は $7,000 で、もし Ann が $7,100 の指値価格で買い注文を発注すると、指値注文は $7,000 の価格で約定されます。指値注文は成行注文として約定されます。トレーダーはティカーとして市場の流動性を消耗します。0.075%のティカー手数料が課金されます。

指値注文のメリットとデメリット

最近のBTC市場の変動は激しく、多くの投資家ができるだけ価格の大幅な変動によってもたらされる不確実性を回避すると信じています。指値注文は最終取引価格を確保できます。一方、注文が約定できないリスクもあります。価格の確定性と執行の確定性は両立できません。

指値注文はどう利用しますか?

Ann は指値価格 $5,000に設定し、10 倍のレバレッジを利用し、1000 BTCUSD契約の買い注文を発注つもりです。Bybitではどうやって操作するのが、一緒に見てみましょう。

まず、「指値注文」を選択し、該当する注文画面に入ります。レバレッジ、注文価格、契約数量の設定が完了したら「買い/ロング」ボタンをクリックします。

完了すると、トレーダーが発注した指値注文が取引板に入れられて約定されるのを待つことになります。