レバレッジとは?

古代有名な物理学者アルキメデスは、「私に支点を与えよ。そうすれば地球を動かしてみせよう」という名言を言いました。

この支点からは、レバレッジに連想されましょう。つまり、レバレッジの原理を考えば、どんな重いものでも持ち上げることができます。だが、使用する支点が十分堅固であることが前提となります。

経済市場では、「少ない元手で大きな利益を得る」というような行為がしばしば見られます。

例えば、住宅ローンを組んで家を購入します。100万人民元の家を購入する場合、頭金10万元を支払い、残り90万元を銀行から借ります。借りる部分は利子を支払います。

また、企業資金不足の場合、融資により資金調達して生産に投入することで、順調に行けば、より多くの収益を得られます。だが、順調ではない場合には、欠損の金額がより多くなり、債務超過となります。

どんな状況でレバレッジを使用するのか?

株式市場にも、仮に5万ドルの株を購入する資金が足りないなら、レバレッジを利用し、少額で購入することができます。

例えば、A株の最小取引額は500ドルですが、手元に100ドルしかありません。どうすればよいでしょうか?

そう、レバレッジを使います。

例1:

5倍のレバレッジ: 100ドル×5(レバレッジ倍率)=500ドル、つまり100ドルで500ドル価値の株を購入することができます。

10倍のレバレッジ: 100ドル×10(レバレッジ倍率)=1,000ドル、つまり100ドルで1,000ドル価値の株を購入することができます。

「高レバレッジを利用するなら、もっと少ない金額で同じ価値の株を買うの方がいいじゃない?」と考える方がいるかもしれませんね。

次の例に見てみましょう!

例2:

100ドル、レバレッジ10倍: 100ドル×10(レバレッジ倍率)=1,000ドル

50ドル、レバレッジ20倍: 50ドル×20(レバレッジ倍率)=1,000ドル

いずれも1,000ドルですし、支払った手数料も同じです。「少ない金額の50ドルで購入すればよいの?」と考えられた方がいますよね。もしA株の価格が予測通り動いた時、もちろん、少ない元手で大きな利益を得ることができました。但し、相場が逆に動いた時、レバレッジを利用すれば、さらに早く強制決済される可能性があります。

レバレッジを利用しなければ、たとえ株価が100ドルから1ドルに下がったとしても、株を売って1ドルを取り戻す以外、株を保有し続けるという選択肢もあり、強制決済のリスクは存在しません。

レバレッジ取引において、ポジション証拠金が下がって、最低維持率に達すると、強制的に証拠金追加または強制決済が行われます。強制決済したくないなら、低いレバレッジ倍数を利用して取引しましょう。例2では、レバレッジ倍数が低いほど、証拠金金額がより高く、強制決済の価格からより遠ざかることが分かります。

レバレッジありとなしの違いは?

例えば、8,000ドルを持って、現在のBTC価格も8,000ドルであったとします。

値上がり: 翌日、BTCの価格は8,050ドルまで上がりました。

・レバレッジを使用しなかった場合

BTC買い注文を発注し、8,000ドル相当のBTCを支払います。8,050ドルで売却すると、利益は50ドル相当のBTCです。

・レバレッジを使用した場合

10倍のレバレッジで8,000ドル相当のBTCを支払い、80,000ドル相当のBTC契約を買いました。同様に8,050ドルで売ると、10倍のレバレッジを使用したため、利益が10倍、つまり500ドル相当のBTCとなります。(手数料不記入)

(Bybit でのレバレッジ機能:1倍から100倍レバレッジを提供している)

値下がり: 翌日、BTCの価格は7,950ドルに下がりました。

・レバレッジを使用しなかった場合

BTC買い注文を発注し、8,000ドル相当のBTCを支払います。7,950ドルで売ると、損失は50ドルのBTCです。

・レバレッジを使用した場合

10倍のレバレッジで8,000ドルを支払い、80,000ドル相当のBTC契約を買いました。同様に7,950ドルで売ると、10倍のレバレッジを使用したため、損失は10倍、つまり500ドルのBTCとなります。(手数料不記入)

以上の例から分かるように、レバレッジを使用すると、利益も損失も10倍に拡大します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です