米国連邦準備制度理事会のインフレ戦略はBTCパフォーマンスの向上

  • 米国連邦準備制度理事会(FRB)は、今年9月にインフレターゲット戦略を公表する予定です。
  • ゼロ金利が長期的に続くことで、最終的にはBTCの利益につながります
  • マイクロストラテジーによるBTCへの2億5000万ドルの投資に続き、より多くの個人や企業がより大きなリターンを得るために代替投資の機会を探すことが期待されています。

米連邦準備制度理事会は、1年にわたる政策見直しを経て、今年9月にインフレ率の引き上げに向けた大幅なコミットメントを発表する予定です。FRBは、中央銀行の通常の目標である2%を上回るインフレ目標を追求するためのより緩和的な姿勢の一環として、低金利の維持にコミットすることが大いに期待されています。インフレ率がしばらくの間、このレベルを下回っていることを考えると、もし中央銀行が平均的なインフレ目標を採用するとすれば、しばらくの間、この数字を2%以上に押し上げる必要があるだろう。

インフレ目標を上回るインフレ率は、過去20年の大半を占めてきた消費者物価上昇率がマークを下回っていた時期を相殺する可能性があるという考えです。インフレ目標が引き上げられたとしても、FRB が低金利を維持するという確証を提供できれば、より早い経済回復について投資家に自信を与えることができます。結局のところ、高インフレは一般的に自国通貨にとって悪いものと認識されています。

全体として、世界最大の経済大国の金融政策に微妙ながらも深遠な変化をもたらすと予想される動きです。

曲線のトラブル

今後10年間に予想される年間インフレ率を示す市場ベースの指標である10年損益分岐率は、COVID-19パンデミックのピーク時の2020年3月の0.47%という低さから1.66%まで反発した。インフレ期待の高まりは、一部では、市場がFRBのシフトに価格をつけ始めていることを示しています。FRBが2012年に初めて2%のインフレ目標を発表したにもかかわらず、目標が導入されて以来、常に不足しており、平均してわずか1.4%に過ぎません。

Inflation

ソース: Bloomberg

COVID-19が米国経済に与える影響など、FRB自身の欠点や他の外的要因に対応して、FRBは今年だけですでに約3兆ドル相当の新規資金を金融市場に投入しており、その額は20%増となっている。これにより、FRBの総資産を約7兆ドルに押し上げた。しかし、この資金投入の結果、潜在的に米国通貨の購買力を損なう可能性がある。

 ソース: Federal Reserve Bank of St. Louis

ビジネスを強化し、市場を活性化させることを目的とした米国のマネーサプライの大幅な増加は、必ずしもより高いインフレにつながるとは限らず、少なくとも短期的にはそうはいきません。結局のところ、企業が消費する気がないのであれば、膨大なマネーサプライが経済の再起動に必要な火をつけるのにほとんど役立ちません。

FRB が検討していたもう一つの選択肢は、イールド・カーブ・コント ロール(YCC)でした。FRB の政策立案者が急激なインフレ率の上昇の見通しを懸念していた第二次世界大戦中やその前後に最後に使用されたプロセスを使って米国債利回りの水準を効果的に 抑制することになるだろう。適切に実施されれば、90 年代に日本銀行が YCC を適用したことや、最近では今年初めにオーストラリアのロイヤルバンクが使用したことに見られるように、YCC は FRB の政策コミットメントを明確にし、強化するのに役立つかもしれません。しかし、YCC を適用することは,FRB に経済に対して大きなレバレッジを与えないことや、根底にある他の形態の経済リスクにFRB をさらすことなど、より多くのデメリットをもたらす可能性があります。

インフレ抑制の欠如といくつかの政治的責任を負わなければならないという事実のためにFRBがYCCを適用する可能性は非常に低いため、他の選択肢を模索する可能性が高くなります。

ビットコインを獲得する

FRB が検討すべきもう一つの問題は、金利が長期にわたってゼロのままであれば、個人だけでなく企業にとっても資金繰りが問題になるということです。そのような企業の一つが、ナスダックに上場しているマイクロストラテジーです。同社は最近、2億5000万ドル(現金準備金の50%)をBTCに投資したことを発表しました。このような投資は、マイクロストラテジーがBTCがインフレに対する同社のポートフォリオのヘッジとして実行可能なオプションであり、そう遠くない将来には米ドルよりも価値が高くなる可能性があると考えていることを明確に示しています。この投資は、他の投資家にも同様の動きを促す可能性があります。

当面の間、金利をゼロに維持するというFRBの計画は、世界の実質的な国庫利回りをゼロ以下に押し下げています。これは、投資家が他の場所で健全な投資収益を見出すことを余儀なくされている動きです。一部の投資家は金や不動産に投資していますが、より多くの企業が暗号通貨、特にBTCに代わる投資ルートを模索すると予想されています。

業界アナリストは、BTCはインフレから隔離されると示唆しているため、たとえFRBが目標を外れたとしても(再び)、長期的にはBTCの価格は上昇すると予想しています。また、BTCは他の資産クラスを上回ると予想しています。今回の例では、最もボラティリティが高いということは、BTCが最も貴重な存在であることを意味しています。