Mt.Goxはトークンを返す準備ができたのか?

Mt. Goxの再生管財人である小林信明弁護士は昨日、第4回債権者集会を開いた。会議でリークされた再生計画案概要と題した資料から、我々はMt. Goxの最終的な発表が近づいていると結論付けた。

それはなぜか?何よりも、有名なMt. Goxの発表が、多額の再生債権が係争中で未確定であることから、2度も延期されたことを理解しなければならない。しかしながら、再生管財人は異議のある債権について、確定した再生債権を有する債権者のみに対し優先的に分配するという解決策を見つけたようだ。一方、異議のある債権を有する債権者たちは、たとえ同時に債権が認められたとしても、それらの債権が確定するまで待たなければならない。係争中の債権が確定すれば、管財人は迅速に分配を行う。

もしそうであれば、管財人はすべての意義のあるすべての債権が確定するまで待つ必要がない。資料の中で、これこそがビットコインの価格の動きにとって重要であり、他はほとんどが、管財人が不換通貨債権を優先し仮想通貨債権に関してはビットコインまたはビットコインキャッシュでのみ支払うといった、再生計画のディテールである。

ご存じの通り、管財人は現在141,600ビットコイン以上を管理しているが、多くの債権者が資金難であると報じられていることから、返還されればトークンが短期間のうちに市場にあふれることになる。そうなれば、グローバルな流動性も市場にあふれているため、長期志向の投資家にボトムフィッシングの絶好の機会を提供し、遅かれ早かれ、ビットコインと金は上場来高値を更新する。2019年第3四半期のチャールズ・シュワブ社の調査によれば、米国のミレニアム世代の年金口座の1.84%がGBTCに投資し、ビットコイン投資信託がグレースケール社のもとで発展したことを思い出させる。

発表が再び6か月後に延期されれば、今後短期間にビットコインについてのネガティブなニュースを耳にすることはないだろう(プラストークンによる売却が少しの懸念になるかもしれないが)。

2020年3月31日、再生管財人は再生計画案を提出するか否かを発表する。健闘を祈ろう。