マイナスおよび低金利の持続

重要なポイント

◆トランプ大統領は再びマイナスのベンチマーク金利を要求しましたが、連邦公開市場委員会はそれを除外しました。マイナスおよび低金利は、数年後高インフレにつながる可能性があります。

◆ウォートンのシミュレーションによると、米国が復帰することに対してのサポートが上昇している。

トランプ大統領は5月12日に再びマイナスのベンチマーク金利を要求しました。 連邦公開市場委員会(FOMC)の議長であるジェローム・パウエル氏は、このオプションは考慮しないと回答し、すべてのFOMC投票メンバーも要求に反対しました。 しかし、パウエル氏は以前の景気対策が「最終章ではないかもしれない」と認めました。

現在、国会は家計、企業、医療提供者、州政府、地方自治体に約2.9兆ドルの財政支援を提供しており、これは米国のGDPの14%に相当します。

ゴールドマン・サックスは、現在の低率が発生する可能性は低いとコメントしましたが、コロナウイルスの第2の波が再びやってきた場合はこの考えは検討されるかもしれません。 その前に、FOMCは現在の6.7兆ドルから、バランスシートをさらに9〜10兆ドルに拡大する傾向があります。

A screenshot of a social media post

Description automatically generated

出典:連邦準備制 (https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/bst_recenttrends.htm

以前に「米中関係の緊張の暗号通貨市場の影響」で、ウォートン・スクールによる州の再開の国民健康と経済効果のシミュレーションについて議論しました。

https://blog.bybit.com/news/crypto-market-fuels-us-china-tensions/)予測モデルは5月11日に調整されています。復帰の対象拡大の影響は、新しいベースラインの下で減少しています。これによる雇用損失は1300万人減少し、米国経済の復帰を支えています。

A screenshot of a cell phone

Description automatically generated

出典:ウォートン・スクール(https://budgetmodel.wharton.upenn.edu/issues/2020/5/1/coronavirus-reopening-simulator

1942年から1951年の間に、連邦公開市場委員会は名目収益率を2.5%に制限しましたが、その間のインフレは5%を超えていました。 その結果、米国の債務/ GDPは1945年の時点の120%から10年後の約70%にまで減少しました。

A close up of a map

Description automatically generated
A close up of a map

Description automatically generated

米国が債務負担を軽減するために同じ戦術を採用するかどうかは時が経てば明確になります。2021年に景気が回復するとともにインフレが発生する可能性があります。回復する場合は、ポール・チューダー・ジョーンズが言ったように、早馬であるビットコインを見逃さないようにしなければいけません。